2005年09月04日

百年記念館「写真が語るとかちの戦後のくらし」

DSC02563.JPGDSC02568.JPG
百年記念館で「写真が語るとかちの戦後のくらし」を覧て来ました。生まれも育ちも帯広の妻と妻の母と一緒に写真を覧ながら、古き帯広の写真に懐かしく思いを馳せてきました。妻の父が設計した旧市役所は、僕が帯広に来たときまだ役所として使っていて僕も懐かしかったな。母がポロッと「ミスさくら」になったのを結婚の為に辞退したなんて初耳でした。人それぞれ色んな思い出があるんですね。荘田様(写真家本人)がいらして、懐かしい話や説明をしてくださりありがとうございました。写真撮影OKだったので紹介しますね。Y型の建物が市役所で、○型が厚生病院です。

百年記念館から散歩しながら、野草園へ。シルバーでお世話になっているM先生(野草園の管理をされている)ばったりお会いし、閉園の為に鍵をかけにきたところを、ぎりぎり入れて頂き、説明までしてもらいました。
DSC02582.JPG

DSC02583.JPG
娘を迎えに戻り、こりずに「串蔵」でビールグビグビ!プハー!何て幸せな1日だったんだろうわーい(嬉しい顔)
posted by アットコム at 22:16| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
旧市役所に旧厚生病院、古すぎてわかんなぁーい…とか言いたいけれど、
よくわかってしまいました。
Y型の市役所で、バイトしたことがあったから、手すりのついた階段とかまで
思い出しちゃった。
古い駅舎も懐かしい。
人の賑わいは、今より勝ってるかも。
Posted by nona at 2005年09月04日 22:49
写真の駅は僕は知りません。昭和41年に建て替えられたそうです。妻の同級生が十勝博の写真に写っていてびっくりしてました。現在の北洋銀行(旧拓銀)が藤丸だったんだもんね。現在の藤丸は、その昔元々藤丸だった場所なんだって。昭和33頃、西5条なんか砂利道だったんだよ〜!
観に行かれると良いと思います。無料ですから!
Posted by アットコム at 2005年09月05日 16:12
そうでした、藤丸の大昔はやっぱり藤丸でした。
写真展に行って、盛り上がりたいところですが
私の周りはみんな帯広出身じゃないから、
つまんないだろうな…。
本屋さんが何件もあって、小さなお店が沢山
並んでいた、賑やかな中心街がありました。
Posted by nona at 2005年09月05日 22:34
昔の帯広は知りませんが、写っている人の洋服・手荷物等々懐かしいですね。
Posted by yuki at 2005年09月06日 20:40
円い病院に長い市役所。私も知ってます。
毎週百年記念館に行ってるのに、
写真展をやってるなんて、全く気づきませんでした。
明日、見てみます。
Posted by 凛 at 2005年09月06日 23:07
私はあの当時の市役所で、異動届の手続きにに行ったとき、写真を撮られ新聞に載ってしまいました。周りにはさくらがたくさん写っていていて、こんなに込んでいましたって新聞に書いてありました。ちなみに百年記念館は、私とわんこの散歩コースです。
Posted by み〜 at 2005年09月22日 11:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック